大通バイオクリーン│蒸発散方式│地下浸透│バイオクリーン│浄化槽│

お問い合わせ・資料請求はお気軽にどうぞ
Tel.0229-25-7871
トップページ > 保守管理について
図面ダウンロード
図面ダウンロード
図面ダウンロード
図面ダウンロード
図面ダウンロード
図面ダウンロード

保守管理についてBio clean system

バイオクリーン・Fタイプの機能を正常に保つための保守点検時のポイントを、写真を用いて説明いたします。
バイオクリーン施工後、正常な機能を発揮する為には定期的な保守管理が必要です。
当社では、バイオクリーン槽はもちろん、浄化槽の保守点検も承りますので、お気軽にお問合せ下さい。


バイオクリーン周辺の状況確認
ブロワの点検
バイオクリーン内部の確認状況
バイオクリーン槽の傾きや槽周辺の陥没など、不具合がないか確認します。
ブロワの稼働状況を確認します。
(異常な音・振動・熱の発生・有無の確認)
ダイヤフラムの磨耗確認、フィルターが汚れている場合は清掃または交換します。
マンホールを開けて、内部の状況確認をし、配管の異常やエアリフトポンプの稼働状況を確認します。

槽内水位の確認 エアリフトポンプの清掃 バイオクリーン剤の点検・補充
検水管のフタを外し、検水管内部の水位の確認 をします。
ホースを利用した水圧にてエアリフトポンプ内部の汚れを落とします。
(エアリフト内より異物を除去する。)
スコップ等を使用して、槽内のバイオクリーン剤の天地換えを行ないます。
またバイオクリーン剤の量が減少している場合 には、バイオクリーン剤の補充をして下さい。

販売店・設備業者様各位

施工前に、ご確認ください‼

バイオクリーン 設置後、正常な機能を維持するためには保守管理が必要となります。
弊社へ保守点検管理をご依頼時、必要な条件を満たして頂く事で、
10年間のメーカー保証
をしております。

※設置業者様の施工後のトラブルを未然に防ぐためにも、施主様へその旨をお伝えいただき、保守管理業務の手配をお願い致します。

詳細等につきましては、弊社担当までお問合せください。


維持管理上のお願い

  • 浄化槽、バイオクリーン槽の上に物を置かないで下さい。
    標準仕様の場合、マンホールの上に自動車等を駐車させないで下さい。本体破損の原因になります
  • 浄化槽、バイオクリーン槽に雨水や水道水を大量に流入させないで下さい
  • 浄化槽、バイオクリーン槽の蓋(ふた)を開けたままにしないで下さい
  • 浄化槽、バイオクリーン槽のの電源は絶対に抜かないで下さい
  • バイオクリーン剤(チップ)を他社のものと入れ替えないで下さい
ページトップへ戻る
Copyright(C) 株式会社 大通バイオクリーン All Rights Reserved.